バンダイナムコオンラインでサービスされている「GNO2」のムーアサーバ、
 「GNO3」のノアサーバで活動しているチーム無敵艦隊のブログです。一応。
 最近はデジタルガジェットの方がメインじゃないかというウワサですw
※あからさまに記事と関係のないトラックバックは Iフィールドにより阻まれる場合があります。
※嫌悪感を感じるコメントはサイコフレームによる 精神反応で削除してしまう場合があります。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< いろいろ壊れた編3(Aspire AS7750G) | main | ドラクエ10βテストプレイリポート解禁 >>
いろいろ壊れた編4(ナノケア EH5442)
少し間が開いてしまいましたが、いろいろ壊れた編の最後は
ドライヤーなんですね。
他の物に比べて小物感が否めませんがw今回の故障続きの中で
一番腹が立った故障がこれでした。
故障したドライヤーはPanasonic(買った時はまだNational)のEH5442というナノケアのハイエンド機のドライヤーです。
モノ自体はかれこれ4年程度は使用しているので、当然メーカーの保証期間も過ぎ去っています。

買った当時はドライヤーごときに1万5千円ってなぁと思ったのですが、早く乾くと評判だったので、朝の支度が楽になればいいなぁと思い切りました。

使い始めた頃は、乾きの早さに納得できたし短い髪の毛ながらナノケアの効果なのか髪のさわり心地がスベスベでいい感じだなぁと満足していました。

それでも数年使うと次第になれて、早く乾くのも当たり前だしスベスベ感にも慣れ、生活の一部に馴染んでいきました。
先月(2月)に職場の人の結婚式に出席することになったのですが、その日はどうしても避けられないスケジュールで休日出勤が入ってしまいしかも、現場が少し離れているので午前だけ仕事に出て、急いで帰って結婚式に参加というタイトなスケジュールになってしまいました。

とりあえず仕事の方も順調に終わり、急いで家に帰って軽くシャワーを浴びて着替えをすまし髪の毛を乾かすためにこのドライヤーを使い始めたのですが乾かし始めて1分ぐらい過ぎたころに「ギーーーーーーーーーーーーーーッ!」っと
今まで聞いたことの無いような音がしてまさかドライヤーからの音とは気づきませんでした、時間もおしているのでそのまま乾かし続けていたのですが音の収まるどころか「ガリ!ガリ!ガリ!ガリ!ガリ!」とか
「ビィーーーーーーーーーーッ!」と色んな異音がし始めましたそのうち頭にバラバラバラと黒い粒のような物が降り注いできて、髪の毛の中床の上に米粒大の黒いツブツブがぶちまけられました(T-T

さすがに音の発生源がドライヤーだとわかり、よく見てみると空気を取り入れる7←の部分にあるファンがボロボロに砕け散り、発熱部分の隙間を抜けて排気部分から出てきたようでした。軽く振ってみるとシャカシャカと砕けたファンの粒がまだ残っていて、電源を入れても風はほとんどでない状態になっていました。

電気製品なので壊れたのはしょうがないと思うのですが、問題は壊れ方です。
風が出なくなったとか動かなくなったというのであれば運が悪かったとか使い方が悪かったとも思えるのでしょうが、普通に使っていて稼働パーツが粉々に砕けてその破片をまき散らすというのはどうなんでしょうか。

タイミングも物には関係ないかもしれませんが、破片が頭に入り色も黒なので目視で取り除けそうもないので洗い流すしか無く、頭を洗い直ししかもドライヤーは動かせないと。床にも飛び散った破片は掃除する時間もないので
ほったらかしで、暖房を循環させるために置いているサーキュレーターで無理矢理頭を乾かして結婚式に出かけました。

式や二次会はとても楽しかったのですが、家に帰って床に広がる黒いツブツブを掃除してると、さすがにこれはダメだろうと思い、週明けの月曜日にお客様窓口に状態を説明したのですが、全く覇気のない機械的な対応でお買い求めの店頭か通販などの場合は最寄りの修理センターに持ち込んで下さいとのこと。

修理センターの電話番号と営業時間を教えてくれたので聞いてみると、月>土の17:30までと、会社員には無理な時間設定。

土曜日も休日出勤が入ってしまっているので、この季節に2週間ドライヤー無しで支度するのはあり得ないと、なんか、すっかりと気持ちが冷めてしまい、大手家電店で代わりのドライヤーを買うことにしました。

帰ってWebで調べてみると、同じ症状の人が結構いて運が悪くてなったのではなく構造やロットの材質に問題があるような感じ。
しかし保証期間を切れた物に関しての対応は、同等代替品で解決に到った人がいたり、修理という名目で新品交換されている人がいたり、修理という名目で修理費を請求されて新品に変わっていたり、そこそこの値段の修理費を
普通に請求されている人(7千円ぐらい)がいたり、そこまでかかるのであれば修理はしないといっても調査費名目でお金を要求される場合があったりと、対応もまちまちで、徐々に(対応は)悪くなっている印象。

構造的に、無理矢理解体でもしなければ壊しにくい部分(取り外しの出来るプラスチックフィルタの内側に、さらにドライバなどで外すカバーがあり)で空気の通り道に高温の熱源のあるものなので、場合によってはかなり危険だと思われる。

昨今、日本の物作りがどうのこうのと言われているが、既に崩壊は結構前から始まっていて、それすら認められない現状があり、今に至っているんでは無かろうかとすら思える。
価格の安い物を買ったのであれば、それなりに割り切って使用するのだがとりあえず日本でもトップブランドたるパナソニックの、時期はさかのぼるにしても最高級のラインの商品でこの有様なのだから何のことはない。

とりあえず、よほどのことがない限りパナソニックの製品は買わないでおこうと心に誓いました。
COMMENT









Trackback URL
http://blog.muteking.net/trackback/907722
TRACKBACK