バンダイナムコオンラインでサービスされている「GNO2」のムーアサーバ、
 「GNO3」のノアサーバで活動しているチーム無敵艦隊のブログです。一応。
 最近はデジタルガジェットの方がメインじゃないかというウワサですw
※あからさまに記事と関係のないトラックバックは Iフィールドにより阻まれる場合があります。
※嫌悪感を感じるコメントはサイコフレームによる 精神反応で削除してしまう場合があります。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< で、MHP3(HD)の近況 −7− | main | で、MHP3(HD)の近況 −9− >>
で、MHP3(HD)の近況 −8−
 前回の緊急クエスト「大砂漠の宴!!」を(どうにか)クリアし、とりあえず流れの上ではラストになる「舞うは嵐、奏でるは災禍の調べ」です。
アマツマガツチは全くの初対戦になるモンスターなので、まぁ苦戦は間違いないでしょうw
 風(つか嵐だが)を操る古龍らしので、通常の戦闘で使用する道具のいくつかは無効になることは予想できる。
まず、罠は効かないだろうからしびれ罠も落とし穴も不要。つーことは捕獲用麻酔弾も要らない。戦闘エリアは霊峰だってさ。これも初めてなのだが。暑いやら寒いやらはよく分からないので、これは出たとこ勝負でw
後は、弾の素材と回復薬・同G、ハチミツなどの回復系、力と守りの爪、後は閃光玉ぐらいかな。使いのめっちゃ下手くそだけどw
武器に関しては悩むところ。属性を重視してたのでセレクトには迷うが、通常弾Lv3がいっぱい装填できて、散弾に速射のある王牙弩【野雷】を担ぐことにする。嵐相手に雷が効くとも思えないが^^;無属性のボウガンとしても比較的操りやすいので。とりあえず。

まぁ、イロイロ分からないことだらけなので試しにやるしかない。あまりにひどいようならリタイヤすりゃいいし。

さてクエスト開始すると霧深い山並みを悠然と飛ぶ、和龍のようなモンスターのデモが流れる。まずはベッドのないキャンプから始まる。ベッド無いのか。ショック。支給の青箱を開けるとバリスタの弾と拘束バリスタの弾がっ。えっコイツもデカイの?w戦闘が始まってみるとエリアはそこそこ広いですが、切り替え無しの1枚のみ(T-T
体制の立て直しとかは許されないのねwバリスタも地面に立っていて、2個ほど確認できます。体温調整はなくても大丈夫そうなので、持ってこなくて正解だったな。ゆっくりとアマツさんが近づいてくるので、とりえず通常弾でポチポチと攻撃を開始する。

程よい距離をキープしたいので、動き回りながら戦闘するが、ジエンみたいな事はないが、他のモンスターよりはかなり大きい感じだねぇ。結構近接距離になることが増えてきて、モーションもある程度確認できてきたので、散弾の速射に切り替えて、ダメージを稼ぐことにする。距離を置いたら水弾1発か水レーザー2回が来る。水弾はいい攻撃・チャージタイミングになるが、水レーザは発射間隔が鬼。1発目をダイビングで交わすと、2発目が立ち上がるタイミングにバッチリ合うので、大ダメージ+水やられと散々だ。1回目はローリングかダッシュで逃げ切り、2回目にダイビングするしかないね。

まぁそれでも位置的に分かりやすいから良いけれど、一番嫌いなのは普通のタックルというか、なんか前のヒレみたいな所にちょこんと引っかけられるタックルw自分的には避けきってると思ってる所に引っかけられると、かなり凹む。
水レーザーでやられて、回復させようとしたところにタックルで1乙する。まぁもう1回乙るまで見てやろうと続行するが、温泉の効果が無くなってるので体力が6割ぐらいしかないのが泣ける。2回喰らうと確実に死ねるねwこまめに回復しないと。

そうこうしてると、なにやら不穏なムードになり、いつもは白いアマツさんが黒く変色していく。小さな竜巻を4個エリア中に反射させながら、これまで以上に激しい攻撃を繰り広げてくる。とりあえず攻撃パターンを覚えるのが大事なので、納銃して回避重視で様子を見ていく。小さな竜巻は攻撃力自体はたいしたことはないが、速射中などは動けないので、ラインを良く読んでから攻撃しないと攻撃をキャンセルされてガッカリする。

そのうちアマツさんが、鳴きながら空に上っていく。あら?逃げたのかな?と思ったら、空からものすごい精度で水レーザーを3回撃ってくるwww
縦・横・縦みたいに単調には逃がしてくれそうにない(実は2発目の縦ので乙ってるw)まぁ、初めての割には良くやったよとここでリタイヤし、再戦の作戦を練ることにする。

収穫としては、水の攻撃を多用してくることから火系の武器の方が良さそうだなって事。見た目で判断すると龍属性も効かないとおかしい。できれば防具も水系の防具が良いが、持ってないのでガマンガマン。隙はそれなりにあるので速射も填れば良い感じにいけそう。戦っていて思ったのが陸上と水中の違いはあるけど、激タックルの感じは水中のラギアによく似てる。サイズ感や距離感の感じはナバルにも似てるね。

変色したのがどのぐらいの経過地点なのか分からないが、半分だとしたらうまくやればどうにかなるだろうと、思ってました。
しかし初めてのヤツにはやっぱ苦労するんですよねぇ。つづく。

COMMENT









Trackback URL
http://blog.muteking.net/trackback/907702
TRACKBACK