バンダイナムコオンラインでサービスされている「GNO2」のムーアサーバ、
 「GNO3」のノアサーバで活動しているチーム無敵艦隊のブログです。一応。
 最近はデジタルガジェットの方がメインじゃないかというウワサですw
※あからさまに記事と関係のないトラックバックは Iフィールドにより阻まれる場合があります。
※嫌悪感を感じるコメントはサイコフレームによる 精神反応で削除してしまう場合があります。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< で、MHP3(HD)の近況 −5− | main | で、MHP3(HD)の近況 −6− >>
auからもiPhone5が発売される?を考える
 MHP3日記からは少し離れて今日は久しぶりにケータイネタを。日経からソフトバンクの独占体制が終わり、iPhone5はauも販売との事。まだ、appleからもauからもプレスがあったわけではないので確定とは言えませんが、時期的にも内容的にもありそうな話なので。
JUGEMテーマ:ニュース
まず携帯会社側からの事情からすると、無条件ならどの会社もiPhoneは欲しいブランドであることは間違いない。しかしappleには携帯会社には結構厳しい条件の上でしか販売契約を結ばないので、この時点でdocomoは選択肢から漏れてしまう。そりゃAppStoreからi-MODEアプリはあり得ないでしょう。また両者ともトップブランドとしてのプライドはあり、その上で企業理念は水と油みたいなところはあるので、どう考えても難しいですよね。

ソフトバンクモバイルに関しては、条件は最大限譲歩できる判断力もあり、これまで結果を残してきました。ただ、iPhone4で追加された新機能として、テザリングがあるのですが、これはソフトバンク側の意向で利用できないようになっています。
ソフトバンクとしては元々それほど強力なインフラを持っていないので大量に出回るiPhoneを経由してPCやゲーム機からのトラフィックを捌ききれないという判断と、併売しているiPadの3Gモデルの売り上げに影響が出るからだと思われます。しかしappleは理想の追求には妥協のない会社で、テザリングの対応が出来ないのであれば、専売は出来ないと伝えられたのではないでしょうか。

auに関してはいくつか好条件があり、まず日本では唯一のCDMA2000方式キャリアで、数ヶ月前にCDMA2000方式に対応したiPhone4が販売開始されたため、iPhone5にも対応モデルが作られても不思議はないでしょう。
ソフトバンクに対しての強みとしては、3G通信として800MHz帯の広域エリアが使用できるため、いわゆる繋がりやすさを感じやすい所、また、高速データ通信サービスとしてWiMAXを持っているので、テザリングに関しても解放しやすいと思われます。
auにはEzウェブというキャリアサービスがありますがi-MODEほどのブランド力はなく、主力は音楽サービスのRISMOでしょう。iTunesStoreとがっぷり被ってしまうところですが、昨今のスマートフォンの勢いを考えると、RISMOのメリットは決済が電話代に統合できるぐらいです。
今のAndroidであれば簡単に音楽を入手でき、転送も簡単で管理も便利なアプリはいくらでもある状況なので、固執する必要はないように思います。またiPhoneであれば契約数の分母を大きく上げる可能性があるので、母屋(販売台数)の方を大事にしたいという判断はあり得るでしょう。
auの場合メールもau oneメールでスマホと親和が高いサービスを持っているので、敷居は低いです。

とりあえずキャリア側の条件を考えると、今回の報道の信憑性は高く感じます。また、いつものタイムスケジュールからはかなり変更されて、なかなか発表されないiPhone5ですが、高速通信規格の採用はLTEをキャンセルしWiMAXを採用したというウワサがありました。ニューヨークでもWiMAXのサービスが開始されたそうなので、auに合わせたわけではないのでしょうが、タイミングがタイミングだけに面白いですね。

ちなみにdocomoのLTEサービスXi(クロッシー)もサービス内容を追加変更し、従量課金から極端な二段階定額を選択できるようになるようです。(通信量が7GBまでは最大75Mbpsで通信できるがコレを越えると最大128kbpsになるw追加料金を払えば更に一定量まで最大75Mbpsの通信は可能になる)これはサービス開始からまだ時間が経っていないためXiのサービスエリアが狭く、その穴埋めに従来の3G回線も利用させるため、どうにかトラフィック押さえ込みたいという意識が丸見えです。何のための高速データ通信技術だよとか、利用者の立場を考えずに立ち回るdocomoらしさが満載ですw
これもある程度時間が経てば、徐々に見直しされていくことでしょうが、もう少しマイルドかつ公正なサービス形態が取れないのかと本当にセンスの無さを感じます。
さて話を戻して、私自身はソフトバンクでPhone4を使っていますが、auでiPhoneが発売されることにより、市場が活性化される可能性は大いにあり、結構楽しみです。ソフトバンクを毛嫌いしてiPhoneに手を出さなかった方、出せなかった方もたくさんいるでしょうし、WiMAX対応であったり、テザリング可能になればますます使いでのあるスマホになると思います。

ただauに関しては若者向けのキャリアイメージがありますが、実際はdocomo以上に保守的な体質があり、iPhoneをどのぐらい生かしたサービスを提供できるだろうかという関心もあります。また、独占から外れたソフトバンクも、様々な不利な要素はありますが他社にないスピーディな決断力や大胆な発想が出来るので指をくわえて見ているようなことはないと思います。900MHz帯を獲得できれば、繋がらないと悪名高い回線イメージの回復も見込めるでしょう。(実際はソフトバンクの回線を使用していない人や、どこがダメかも分からずにイメージでしたりを語るなんちゃって情強も多い)市場は活性化してはじめて盛り上がるので、面白い展開になりそうですよね。
P.S.しかしauはiOS(apple)・Android(google)・WindowsPhone(Microsoft)とスマホOSコンプですかw
それほどAndroidを全面に推してたのに、まさかiPhoneをだしてくるとはビックリだよね

それにしても冬モデル発表前にこの情報がでるとは新機種のほうに少なからず影響は与えそうだよね。完全にau、ブレまくりw

ちなみにうちはdocomoでXperia acro SO-02Cを使ってます^^
ヘキサ | 2011/09/23 20:36
COMMENT









Trackback URL
http://blog.muteking.net/trackback/907699
TRACKBACK