バンダイナムコオンラインでサービスされている「GNO2」のムーアサーバ、
 「GNO3」のノアサーバで活動しているチーム無敵艦隊のブログです。一応。
 最近はデジタルガジェットの方がメインじゃないかというウワサですw
※あからさまに記事と関係のないトラックバックは Iフィールドにより阻まれる場合があります。
※嫌悪感を感じるコメントはサイコフレームによる 精神反応で削除してしまう場合があります。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< GNO3の大型アップデート(カスタマイズ編成編) | main | GNO3の大型アップデート(改良機編) >>
GNO3の大型アップデート(改造パーツ編)
 さて、続いて「改造パーツの効果変更とパーツ追加」について書こうと思います。
GNO1では該当する効果はありませんが、GNO2では各MSにHP↑装甲↓のように改造ができたので、大雑把に言えばこのMS改造のGNO3版と言っていいと思います。
考えてみればGNO3で大幅に強化された部分がこの改造パーツといえると思います。
 GNO2であれば一定の割合でHPや装甲や命中や威力などをそれぞれトレードオフしながら改良することができたのですが、GNO3ではMSの改造をパーツで行います。パーツごとに効果は違い、搭載の増減や盾装甲の増減、修理値の増減、NT機対応までパーツで改造ができます。ほとんどの物は複数の効果が付加されており、ほとんどの物はトレードオフを前提としていますが、全面的にプラス方向に働く物もあったり、同じパーツでも数段階のレベルがあって、効果のほどが変わってきます。

GNOをやった方なら分かると思いますが、搭載値の大小で強・弱、HPの大小で高・低と分けられ、壁と言われる回避の高いMSで、回避は低いが命中が高い射撃MSを守るか?が戦闘のキモになっているゲームなので限られた種類のMSにどの改造パーツをつけて戦うかが、大切な訳です。任務(MP)を争うのであれば、とにかく強いMSにバランスを乱さない程度に強いパーツを組み合わせれば良いのですが、戦果(VP)を争う場合は修理値を考えなければいけないため、ほとんどのパーツに付加される修理値のマイナス効果も考えてパーツを使用する必要があるわけです。

ただGNO2がすべてのMSに均等に1回分だけ改造が許されていたのに対し、GNO3の場合の改造パーツは基本的に戦功を30個集めた時にランダムで1個入手でき、通常のMSには1個のみ、4クールまでは報償機として配布されてきた改良MS(☆機)は2個までつけることが可能だと言うことです。つまり、人によっては全く使い物にならないパーツばかり集まることがあり、運によって遊び方も方向付けられてしまいます
で、今回のパーツの効果変更というのは今まで使い物にならなかったパーツがいきなり利用価値の高い物になったり、逆に今までとても利用価値の高かった物が、イマイチになったりとアカウントの価値観を大きく変える変更になったと感じます。
GNO3の場合これまでも毎クール、ほとんど別のゲームのように感じるような変更が繰り返されたため、ある程度の耐性はついてはいるのですが、この改造パーツと言う物は選択ができない、トレードなどもできない、クールをまたいで持ち越すなど、アカウントの値打ちそのものと言える重大な要素なので、取り扱いはかなり慎重を要するはずなのですが、かなり大胆に効果の内容を変更してきました。

もちろんこの変更により恩恵を受けた人もいれば、話にならなくなった人などそれぞれで受ける印象も変わると思います。また大量に新パーツも追加されたため、それらの入手によって印象は変わるかもしれませんが、ゲームそのものの遊び方やゲームバランスを左右するような要素が、運で決まってしまうのは、いかがなモンかなぁと^^;

なんか、大型アップデートの追加について書いてたはずなのに、改造パーツとゲームバランスについてになってしまったのですが、それだけ影響が大きな要素な訳で、効果や種類よりももう少し大きなゲームデザインという観点で見直しがかかった方が良かったんじゃないかなぁ?と思います。

と言うことで、改造パーツに関しては、効果が変わろうが増えようが、関係ないw変化無しとしておきます。

COMMENT









Trackback URL
http://blog.muteking.net/trackback/907670
TRACKBACK