バンダイナムコオンラインでサービスされている「GNO2」のムーアサーバ、
 「GNO3」のノアサーバで活動しているチーム無敵艦隊のブログです。一応。
 最近はデジタルガジェットの方がメインじゃないかというウワサですw
※あからさまに記事と関係のないトラックバックは Iフィールドにより阻まれる場合があります。
※嫌悪感を感じるコメントはサイコフレームによる 精神反応で削除してしまう場合があります。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 5日目(翌日):墜ちた女王 | main | 7日目:ハプルボッカにボッカボカにやられかけた・・・。 >>
6日目:ネブラーシカ(凍土からきました)
昨日心配したとおり、まーーーーーったく眠くならなくて困りました。開き直ってモンハンでもすりゃいいんだろうけど、夢中になったらそれこそ眠くなっても寝なくなりそうなので、ベッドで寝る努力を延々としていました。しかし結局ちゃんと眠れたのは2時間あるなしぐらいか?(T-T

それでもまぁ、睡眠は量じゃないよと切り替えて仕事へ。昔(若いとき?)は寝る時間=無駄な時間ぐらいな感覚で暮らしていたので、少なくとも仕事中は問題なく普段と変わりませんでした。仕事は難なく終わったのですが月曜日はこの所、毎週予定が入っていて家に帰ったら21時過。それこそ若いときなら何とも思わなかったはずなのに、部屋に落ち着くやまぶたが重い重いw

日にちが変わるとGNO3は作戦開始なので、とりあえず先週あまりにも酷かったので意識のある内に編成を作っておく。ティターンズの2週目はかなり中途半端なMSラインナップで、強壁に0083時代のGP系を使うのか?それとも今週出たばかりのギャプランを使うのか?先行発売のハンブラビを使うのか?とても迷います。

補給がないならGP系、搭載が低いならギャプラン、修理値を落としたいならハンブラビ、更にスキルもGP系とギャプランはL盾があるけど、ハンブラビは盾無し。スキルの入れ替えにはペナルティが発生するので、早めの判断は要ります。アイシャは昨日の段階でハンブラビにしようとスキルを入れ替えてあったのでハンブラビをチョイス。しかしゴッグは拾えてないので宇宙で居る事にしました。編成を決めたらある程度野戦を見て、他のMSやパーツの調整も必要なのですが、眠いときに下手に調整してもろくな事がないと思い、判断は明日の朝に持ち越しする事にしてGNO3を終了しましたw
むぅ、書き出しはまるでGNO3日記になってるな最近w
で、明らかに眠いので1つの間違いが後に響くGNO3は早めに切り上げましたが、ソロプレイのモンハンなら人に迷惑がかかるもんでもないので、ベッドにPSPを持っていって、何時寝ても大丈夫状態で開始です。ちなみに記事タイトルはなんの意味もないですw
レイアと連戦をして手に入れた素材で作った「ヴァルキュリーファイア」の試し撃ちの相手に選んだのが「ドスバギィ」の出てくる「眠りを誘う蒼白」のクエストです。火炎弾と散弾速射のできる「ヴァルキュリーファイア」にはかなり適当なクエストだと思える。

「ドスバギィ」は序盤の方に出たドスジャギィの変種のような大型モンスターで、モーションや子分を呼び出すのはほぼ同じだけど睡眠液を飛ばしてきます。これに当たると数秒後に寝てしまいます。完全に寝てしまうまでに「元気ドリンコ」というアイテムを飲めばスタミナの回復と眠気が消えます。もし寝てしまうと起きるためにはダメージを喰らう必要があり、起きがけの一発はダメージ二倍になります。これはモンスターも同じで睡眠弾などで眠らせたモンスターにダメージを与えるとダメージが二倍になります。Triの時は訳も分からずにこの睡眠液を浴びまくって、どうすればいいかも分からずドスバギーの強力な横タックルで乙りましたwさすがに対処が分かればちょっと面倒なドスジャギィ程度になりはてたので、今回も問題ないだろうとw

実際、散弾の速射は面倒なバギィ(ザコの方)やギィギ(気持ち悪い)やブナハブラ(ウザイ蚊)に効果てきめん。火炎弾もドスバギィによくダメージが通るようで顔面に当てると怯みまくりで足を引きずるアクションを見ないままにクエスト完了。ゲームのキャラも本人も寝ずにいけました。

まだ、(眠気は)いけそうなので、宿敵「ギギネブラ」を一目見ておこうと思う。凍土と「ヴァルキュリーファイア」の相性は良いと思うので悪くないかも・・・( ̄ー ̄)とはいえ、ホントにTriではコイツにつまずいてランスの練習をしたような気もするので、準備はちゃんとしておく事にする。回復薬も初のグレート投入!解毒薬も忘れずに持っていくし時間が長引くのを考慮してホットドリンクも3本持っていこう。拡散弾と徹甲榴弾もMAXもって、「暗闇にうごめく猛毒!」をスタートする。エリアに入ったらまずは散弾でザコを掃除して、火炎弾に切り替えてネブラにたたき込む。・・・。あれ?ネブラってこんなに消極的だっけ?毒のブレスはよく吐くがパターンは単調で、距離と位置を計れば攻撃もチャージも楽々だ。突進からの左右のフック噛みつきもTriの時のようなスピードもなく、パターンがとても作りやすい。天井に張り付いてからのアクションは増えているが、ガンナーからすれば的ですし、それほど時間も長くないので待ってれば問題ありません。(角度的には簡易照準では狙いにくいので)ただ、天井からの飛び降りの位置に関してはまだ見極め切れていないので、喰らっちゃいました^^;安全に離れておけば問題ないんですけどねw

やってる事はあまり変わらないはずなのに、何故かTriの時とは全く違う展開。何が違うのかを考えてみると、外的要因としてお供が二匹いる、洞窟エリアが真っ暗じゃなくなった(松明がない)、ネブラの動きが明らかに遅い、ジャンプアタックが少ない、当たり判定にムリが無くなった、新アクションがスキだらけ、などかなぁ?結果自分の体感として、弾の無くなる速度が速い(たぶん敵のスキが多いから)、瀕死になるのも速いと感じます。

最後の方では、部位破壊も狙って裏返ってもがいているところに拡散弾を撃ち込み、ついでに貫通弾でお腹を割って討伐完了でした。さっさと剥ぎ取りして村に帰って、気持ちよく寝ましたよ。本人がw
COMMENT









Trackback URL
http://blog.muteking.net/trackback/907661
TRACKBACK