バンダイナムコオンラインでサービスされている「GNO2」のムーアサーバ、
 「GNO3」のノアサーバで活動しているチーム無敵艦隊のブログです。一応。
 最近はデジタルガジェットの方がメインじゃないかというウワサですw
※あからさまに記事と関係のないトラックバックは Iフィールドにより阻まれる場合があります。
※嫌悪感を感じるコメントはサイコフレームによる 精神反応で削除してしまう場合があります。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 4日目:リベンジ オブ ペッコ 〜あれ?ぬるくない?〜 | main | 5日目(翌日):墜ちた女王 >>
5日目(夜更):ポンちゃんのシッポとすべるウサギ
さて、土曜日の夜恒例のGNO3の大規模任務の鑑賞を終え、MSの開発を適当にし(今週のティタの即売はギャプランのみだから)、追加になったバイアランの性能がまぁ許容範囲に収まっているので安心して、モンハンに戻る。なんか、ゲーム中心に書いていると生活のほとんどがゲームしているように見えてきて不思議だなw
ちなみに、モンハンP3は寝墜ち込みで10時間ぐらいですねこの時点で。寝ちゃってもバッテリーが切れかけてもちゃんとサスペンドしてくれるので良いですねぇ。
前回はサラッと触れただけだけど、ボルボロスやロアルドロス(ポンちゃん)が案外さっくり倒せてしまい、拍子抜けしてましたがポンちゃんを狩ったときにもらった素材から、ロアルスリングの強化版でロアルストリームがリストアップされた。この時点ではまだロアルスリングを強化してストリームにすればいいと言う発想はなく、1から作成するしかないと思っていたので、足りない分の素材集めに★3のリストにあるもう一つのロアルドロス狩猟任務の「強襲する孤島の水流!」をやってみる事にする。

場所は孤島なので土地勘はあるし、体温調整も入らない。前回やけに余裕で倒せた事もあるので、尻尾も切っちゃうかwと思い、斬裂弾(MAX:30)と保険でブーメランを持っていく事にする。始まったら序盤から積極的に尻尾に照準を合わせて、斬烈弾を撃っていく。Triに比べて炸裂してからのエフェクトが分かりやすくなり何か強くなった気がする^^;3発ぐらいは外したかも知れないが、手持ち分を撃ちつくし、ブーメランに切り替えて追いかける。

自分は斬列しか使ってないはずなのに、お供達がよほど頑張ったのか、尻尾を外したブーメランがかすっても怯み始めたり、スタミナが切れて逃げはじめてブーメランが投げやすい。ブーメランも2コぐらいロストしたぐらいで、今ゲーム初のシッポ切り成功^^後は素材のために部位破壊を意識して顔に当てないように、タテガミや前足を狙う。んが、通常弾に切り替えた途端にもう足を引きずり出す始末。まぁそれでもしようがないのでタテガミだけでもとLv1の標準弾wで撃っていると、タテガミが壊れ程なく討伐も完了する。

難易度はともかく目的の素材も尻尾も切れたので満足し、村に帰ってロアルストリームを作成する。念願の水冷弾の連射機能付き。試し撃ちにボルボを狙いたいところだが、新モンスターの「ウルクスス」が気になるので、「雪のちウルクスス」を選択する。出現場所から推測し武器と道具の選択を始める。場所は凍土らしいので水冷弾の活躍場所ではなさそうな気がする。出来れば火炎弾が良いのだが火炎弾の連射ボウガンはまだ持ってないしリストにもない。クエスト依頼では簡略化されたイラストしか出ないので、それ以上の推測は難しいので敵を選ばない貫通弾と通常弾ベースで戦うことにして、またジャギットファイアを選択した。前回のペッコの時のように弾切れを起こさないように、素材も忘れずにw

初出のモンスターの場合、自マキ(自動マーキング)が付いていると、敵の場所が分かるのが非常に助かる。無駄にスタミナを使わずにウルクススとご対面。どうやらモデルはウサギのようで、どんな攻撃が来るかとまずは様子見。所々ベリオロスを彷彿させる鋭い動きをする事があるが、お腹ですべりながらぶつかってくるような攻撃だ。基本的に方向を決めてすべり始めると誘導性はなく直線的で交わすのは容易に思う。またスキも多いのでガンナーには戦いやすい相手だと思う。ただ、怒り状態だと連続的にすべりと高速方向転換を繰り返してくるので、立ち位置が悪いとはめられる場合がある。スタミナが切れるととてもカワイイのだが、攻撃のタイミングとしてはありがたいので、出来るだけ体長の長い角度から貫通弾連射を撃ち込む。最後はお供の爆弾でした。

村に帰ると村長さんからまた黄色の吹き出しがでていたので、また緊急クエストだと悟った。内容を見ると「女王、渓流を舞う」おぉ!リオレイアだ!Triではペッコに召還されて登場し、恐怖を擦り込まれ慣れないうちは負けまくっていたような気がしますw
これまでの流れでは、行けそうな気もするが朝ちゃんと起きたので、眠気のあるうちに寝る事にしました。
COMMENT









Trackback URL
http://blog.muteking.net/trackback/907659
TRACKBACK