バンダイナムコオンラインでサービスされている「GNO2」のムーアサーバ、
 「GNO3」のノアサーバで活動しているチーム無敵艦隊のブログです。一応。
 最近はデジタルガジェットの方がメインじゃないかというウワサですw
※あからさまに記事と関係のないトラックバックは Iフィールドにより阻まれる場合があります。
※嫌悪感を感じるコメントはサイコフレームによる 精神反応で削除してしまう場合があります。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< オススメのアプリ 「ザ・手相」 | main | 終戦記念のSS大会(ZZG・CCAのMS中心) >>
3クールの終わり頃恒例?の振り返り
 さてさてフルクール(13週)になって初めての最終週に入ったGNO3ですが、ZZガンダムと逆襲のシャア世代のMSがでたぐらいで、あまり変わらない感じです。

これまでのシリーズに比べても、かなりMS数が少ないという珍しいスタンスのゲームなので、はじめからあって当然のMSが相応の時期に出ただけでも、やってる人達は少しアガっているように感じます。まぁ見切りを付ける人は付けた後だと思うので、当たり前すら幸せに感じる人が多く残っている状態なんでしょう^^;;
 このブログを始めた時がちょうどGNO2の3クール目辺りだったのですが、その時も人の減少が目立ち始め、あれ?なんか(GNO1と)違う?って感じだったのですが、ゲームそのものの方向性はしかり持っていたし、運営側にもやる気は感じられたような気がします。
その後5クール目に「セカンドステージ」と称した大規模なアップデートが実施されたのですが、まぁ思い返すと倉庫が拡張されたぐらいであまり大したことはなかった。(人によっては鯖移動が追加されたのは大きかったかも)大した影響力がなかったというのは、運営側も分かっていたのか?^^;その後も毎月アップデートを発表し、MSの追加や特殊任務の追加などがドンドン行われた。

個人的にはMSの追加や任務の追加は、あくまでゲームのスパイス程度で根本的にゲームが面白くなるわけではないと思っているが(ただしつまらなくはなる可能性がある)、GNO2の場合もともとゲームシステムの方向性が太かったため、MSの追加がある程度ゲームバランスの調整として機能していた事もあり、GNO2のシステムを好意的に感じるユーザには足止め効果はあったように感じる。
と言うのも、GNO2の場合はGNO1の特徴であった、ネットゲームとしての人との関わりをかなり少なくしたり、特殊性を廃する代わりに、シミュレーションゲームとしての自由度を上げる事を重視していたのでMSの追加が単なるバリエーションの追加ではなく、MS編成を掘り下げる要素になっていたと思われる。

しかし、GNO3の場合はMS追加がグラフィックを見てみたいという興味本位以上になるかと言えばかなり疑問は残る。現時点の少ないMS数ですら、バランスが取れているとも思えない事や、☆機や敵陣営MSが無いとまともにVPが出来ない事、そもそもTVPランキングで☆機が手に入らない事など、言ってみれば無茶苦茶だ。VPがゲームのメインである必要性はないと思う、しかしVPがゲームバランスのメインでないと変だとも思う。

少なくともGNO3はVPから目を背けすぎて、まともにゲームバランスが取れていない。敵の編成一つにしてもGNO2では要素を詰め込みすぎて練り込みが甘いと感じたが、GNO3の場合は単純そうなクセに全くなってない感じだ。この敵の編成が結局任務にも適応されるのだから、出来の悪さは推して知るべしだろう。

GNO3の場合は練り込みが甘いだけではなく、羽目を外す楽しみも無くなってしまっている。GNO2は編成を楽しんだりMSに色を塗ったりと、内向きに淡々とした作業が好きな人には受けがよかったと思うので、召還任務やコロニー任務のようなPVP要素が無くなったり、ビグザムやテンドロやノイエのような規定枠に収まりにくい機体のユーザ使用が廃止されたのはまだ納得されていたと思うが、GNO3の場合は純粋に編成を楽しむ事は出来ない(キッパリ)人によってあまりにも大きな(運の)ばらつきのある改造パーツや、任務をしない限り得られない敵陣営のMSやTMP出しか得られない褒賞機(☆機)があるからだ。
にもかかわらず、任務やイベントに力が注がれているかと思えば、こっちはこっちで酷く事務的でGNO2以下の熱だ。任務をつまらなくなるように(ここだけは熱心に)仕様変更は重ねたと思うのだが、競合任務も大規模任務も実におざなりで予定調和。もういっそサーバごとに陣営を分ける必要はないとすら思う。サーバ負荷の関係で内部的に別れていても表示レベルで同期しちゃえばいいのになとすら思う。今までもGNOは敵陣にと戦っているのではなく、味方陣営での争いだと揶揄されていると思うが、GNO3の場合はそのどう陣営の争いすら半ば破綻しているように感じる。

これを書いているときに、4クールのアップデートと修正の告知があったので、ご紹介しておくと

・「ポケットの中の戦争」機体追加
 連邦:NT-1、NT-1FA、ジムスナイパー2、ジム寒冷地仕様
 ジオン:ケンプファー、ゲルググJ、ザク2改、ハイゴック

・機体パラメータの調整
 調整を行った機体
 連邦:陸戦型ジム、ジム・キャノン、ジム指揮官用、ジム・スナイパー、ガンダム、G−3ガンダム、ジム・ライトアーマー、ガンダムEz8、ジム改、フルアーマーガンダム、プロトタイプガンダム、ジム・キャノン

 ジオン:ザク機▲▲奪イ、ザク僑啖拭▲廛蹈肇織ぅ廖Ε哀奸▲哀奸▲哨奪、ズゴック、グフ・カスタム、エルメス、ゲルググ、ギャン、リック・ドム供▲殴襯哀娃諭▲競瓮

・機体の補給ポイントの調整

・機体の開発ポイントの調整

・フォーメーションボーナスの調整

・NPCの強さの調整

・先行開発にかかる時間を24時間から20時間に変更

・開発予約機能の削除

・大規模任務自動参加機能をリセット
 ※第4クールから大規模任務自動参加機能は、
  クール更新時に手動に戻るようになります。
  参加を再び自動にする場合には、
  クール更新毎にオプション画面から設定する必要があります。

このような感じです。
この中で現時点で評価できるのは、先行開発の必要時間が4時間短くなった事と開発予約の削除かな?
特に先行開発の時間短縮は、短くなって良かったと言うより次の日の仕事に差し支えるような時間帯にわざわざONさせるなという事でしょう。開発予約機能もそうですが単なる嫌がらせにしかなっていなかったので、とりあえずよいと思います。ついでにアイテム購入の意味のないくじ引きも一緒に無くすべきだと思いますけどね。

追加MSに関しては、敢えて何も言うまい。ケンプファーが量産機だったりNT−1とNT−1FAが別物だったり、スナ2の登場時期が今のスケジュールだと微妙(SCと同時?)など他のMSの調整やスケジュール変更によっても印象は変わるはずだし。
ただ、ボールとゴッグに変更が入らなかったのは、意外というかあれでやれという事なのか。ガッカリ。

あと、大規模任務の自動参加機能のリセットは、今よりはマシになるかも知れないが大規模任務のおもしろさを完全に殺している、くじ引き要素を無くせていないので無意味だと思います。大規模に参加すれば多少たりとも報酬はあるわけで、心苦しいながらも参加しないとと思う人はいると思います。これは仕方がない。しかし大規模でPVPを楽しみにやっている人からすれば、単なる邪魔な人にしかなっていない。階級やレベルの低い人が参加しないと益々差が広がるので、参加するし楽しみに参加している事も分かってはいるのだが、それでも自分が組まされると悪態をついてしまう。このような酷い実装方法だからPVPを嫌う人が増えるんだろうなぁとしみじみと思ってしまいます。

大規模任務は今の方式でやるならば、通常の任務と同じように、希望者同士を組み合わせてエントリーできるようにすべきだろうと思う。複垢を持っている人や友達が多い人が有利だとか、仲間はずれになって面白くない人もいるとか、それこそ「ゆとり」の概念は廃するべきだろう。
というよりも、GNO3全般に言える事だけど、「運が取りなすステキな偶然」をやたらと美化して考えているようなので、この際ハッキリとこれのおかげで全くつまらなくなっている事に気づいて欲しいと思う。
がんばれアイシャ(。・ω・。)
くり | 2010/10/18 02:10
わーーーーーーーーーーー!
わーーーーーーーーー!
わーーーーーーー!
くりむ!クリムゾンだ!
どうしてんのよぉ?
フリマンは今も(めずらしく)やってるぞー!
万に一つの可能性も無いかも知れないが、
面白くなったら、またやろうよーーw
あいしゃ | 2010/10/18 08:44
GNO Communicationsの【週間GNO通信(20101011−20101017)】で記事を紹介させて頂きました。
Rits | 2010/10/18 20:11
COMMENT









Trackback URL
http://blog.muteking.net/trackback/907647
TRACKBACK