バンダイナムコオンラインでサービスされている「GNO2」のムーアサーバ、
 「GNO3」のノアサーバで活動しているチーム無敵艦隊のブログです。一応。
 最近はデジタルガジェットの方がメインじゃないかというウワサですw
※あからさまに記事と関係のないトラックバックは Iフィールドにより阻まれる場合があります。
※嫌悪感を感じるコメントはサイコフレームによる 精神反応で削除してしまう場合があります。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< お台場ガンダムを探せっ!! | main | キセキの16分 >>
今日の気になる一品 ビクター「XV-BP1」
東芝もやっと吹っ切れて、ブルーレイ(以下BD)を採用していくそうで、個人的には製品が待ち遠しいです。

今ならば、BDレコーダーが今後のスタンダードっぽくなってきていますが、それはそれ過渡期なもんで、友達と簡単に受け渡し出来るほどではありません。

となれば、保存はHDDでよくね?となりBDは再生のみでもそれほど困らないのでは?と思うんですよ。
そうなれば2万を切るプレイヤーもあるのですが、ただ値段で選んでも、それは面白くないというかきっと無駄になる。断言。
多機能である必要はないが、高性能でないとダメなのね。

で、(いつもながら前フリ長っw)Webで見かけたビクターの「XV-BP1」がなかなかの秀作っぽい。

基本的にはDVD/BDの再生専用のプレイヤなのだが、ネット経由で追加映像や字幕などもダウンロードできる機能の「BD-Live」や「BONUS VIEW」に対応している。

まま、このぐらいは当たり前としても、最近流行のDVD再生時のアップスケーリングに対応している。DVDビデオをフルスペックハイデフ相当(1080/60p)に高細度変換してくれるんですな。

さらにAVCHDの再生にも対応していて、DVDなどに記録したハイデフクラスの動画もOKだったりします。

なによりも一番ありがたいのは、フロントにUSB端子が付いていてUSBメモリなどに記録した、MPEG4(H.264)やDivxの再生にまで対応しているんですよね。
もちろんJPEG・PNG・GIFなどの静止画やMP3・WMA等の音声ファイルにも対応しているので、かなりつぶしが利く印象です。

入出力端子は
HDMI出力端子×1系統、D端子(D5まで)×1系統
コンポーネント映像出力端子×1系統
コンポジット映像出力端子×1系統
アナログ2ch音声出力端子×1系統
デジタル音声出力端子(光/同軸)×各1系統
LAN端子(10BASE-T/100BASE-TX)、USB端子

となっており、システムセンターになるほどの充実度はないが、バイプレイヤとしてはきっちり押さえられている。

価格は、オープンなのだが、7月6日まで日本ビクターの直販サイトで上下限付きのオークション方式のモニター販売を行っている。
入札の価格の幅は25,000円―39,800円の範囲となっており、上位300名限定になっている。

一般販売時の予想価格は42,000円程度と言われているので、実販売時の競争価格を考えてもお買い得に手を入れられそうです。

こんな風にPCを活用しているユーザにも魅力的に映る家電をもっとイロイロ発売して欲しいなぁと思います。
COMMENT









Trackback URL
http://blog.muteking.net/trackback/858762
TRACKBACK
SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用高容量リチウムイオン電...