バンダイナムコオンラインでサービスされている「GNO2」のムーアサーバ、
 「GNO3」のノアサーバで活動しているチーム無敵艦隊のブログです。一応。
 最近はデジタルガジェットの方がメインじゃないかというウワサですw
※あからさまに記事と関係のないトラックバックは Iフィールドにより阻まれる場合があります。
※嫌悪感を感じるコメントはサイコフレームによる 精神反応で削除してしまう場合があります。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< お台場 1/1スケール ガンダム フォトレポート | main | 今週の物欲のコーナー エプソンダイレクト「Endeavor NP11-V」 >>
このWebツールがステキ「Yahoo!アクセス解析beta」
このムテキンブログはロリポップのホスティングの付属サービスのロリポブログでやっています。
始めた当初はリアルタイムでアクセスログが取れたり、何ヶ月でも遡って集計できたりとても便利だったのですが、だんだんとアクセスログの機能が削られて、一日前のログ解析を二ヶ月前までの遡りという、かなりプァな状態になりました。(><

アクセスの勢いみたいなのが見えなくて、記事を書くモチベーションも落ちてきたので、ブログではあまり意味のないカウンターを付けているんですが、ブログのアクセス集計とはかけ離れたカウントになり、我ながら、さびれた雰囲気のブログ感がでちゃったなぁと。
(まぁ実際大したこたないがw)

んでですよ、Yahoo Japanがリアルタイムのアクセス解析の試験を始めると言うことで早速試してみました。

Yahoo Japanのアカウントがあれば無料で登録できるそうなので、早速登録しムテキンブログの解析をやってみました。

方法はいたって簡単です。(ブログの場合を説明します)

1.解析用コード取得1:
通常のHTTP通信(http)かSSL通信(https)を選択します。公開しているブログであれば通常のHTTP通信でOKです。

2.解析用コード取得2:
解析用のJavaScriptが表示されるので、そのコードをコピーします。

3.コードを自分のブログに貼り付ける:
自分のブログの管理画面で、「テンプレートの編集」でブログのソースの後半の方にある、というタグの前に先ほどコピーしたコードを貼り付けます。
そして保存すれば準備OKです。

仕様登録の際に、ブログのURLやプロジェクト名(アクセス解析の単位をプロジェクトと呼んでいるので、難しく考えなくていい)などを入力する必要はありますが、とても簡単にはじめられます。

上記のように設定してから、ブログにアクセスがあれば解析結果がほぼリアルタイムで参照することが出来ます。

機能はUrchin(アーチン)ほど多機能ではないですが、解析項目の必要性や視認性、なによりも日本語の使い方が適切で、とても使い勝手がよいです。

普通のページビューもあればユニーク訪問者数など実用的な必須の解析はもちろん

このような地域別のアクセス解析や、(結構、愛知に強いw)


検索キーワード解析や(携帯ネタが多いw)


来訪者のブラウザバージョンの比率もグラフィカルに表示してくれます。

1時間前の情報から取得できるので、熱いエントリーの時は派手にグラフが動くので楽しめますよ。^^

自分のブログのアクセス解析がイマイチだなぁと不満に思っている方はお試しする価値はあると思います。

円グラフばっか掲載していますが、解析内容によって棒グラフや折れ線グラフなど用意されていて良い感じです。
COMMENT









Trackback URL
http://blog.muteking.net/trackback/852918
TRACKBACK